生理不順 妊娠

お肌のトラブルも婦人科と関係あり?

最近、肌が荒れてきています。
食べ物には気を遣っています。野菜中心の食生活。ダイコンなどの根野菜をたっぷり食べて、よく噛み、ゆっくりと味わっています。でも、そういえば・・・生理が不順なのです。
私はもともと生理周期が安定しないほうで、三ヶ月に一度来るか来ないかといったところです。今年だけで数えても、二度来ただけです。

 

http://www.ieoministries.org/

 

その生理の期間はとても短くて、二日ほどで終わってしまいました。なんだろう、これはもしかしたら病気なのかな、と、この間婦人科に検査に行ってきました。検査の結果、どうやらホルモンバランスがおかしくなっているとのことでした。「なぜこんなに長い間放っておいたのか」とお医者さまに怒られてしまいました・・・。私にとっては日常だったのですが、この「生理不順」は女性の体にとってとても深刻な問題のようです。処方された薬を飲み、しばらくして肌のあれが収まってきました。
生理も再開し、体が前より楽になってきたと感じているところです。
ED 治療薬はこちらから!

 

名古屋市内のブライダルシェービング|おすすめTOP3

 

我慢せずに婦人科へ!

婦人科受診

婦人科とは、特別な症状が出た時に受診するものだと思っていました。

妊娠や、不正出血などですね。でも、さまざまな不調で受診してもいいんだって言う事を、最近になってやっと知りました。

 

たとえば月経前症候群。
生理前後、排卵前後の不調なんて当然起こるものだから、ひたすら我慢するしかないと思っていたんです。しかし、酷過ぎる月経前の症状は、薬などで緩和できるんですよね。
月経前の症状で、イライラしてどうしようもない場合がありますが、そんな時は家族など、周囲に迷惑をかけてしまう事もあります。そうならないためにも、適切な治療を受けるべきだと学んだんです。

 

それから更年期障害もそうです。
酷い症状はただ運が悪いと諦めて、ひたすら我慢するものだと思っていました。
しかしそれも間違いでした。女性の体のトラブルは精神的に影響を及ぼす事が多いので、自分のためだけでなく、家族のためにも積極的に治す事が大切です。世の中の女性は自分の事は後回しで頑張りすぎちゃうと思うので、普段から気を付けたいですね。

 

http://iJetConnect.com/

生理不順の話

娘の話で恐縮なのですが、私も大変悩んでおります。
娘はダイエットに興味があり、少しやせ気味です。これ以上はぜったいに太りたくない、とお菓子や炭水化物を制限しております。まだ育ちざかりなので、炭水化物はなんとか食べさせるようにはしているのですが、なかなかたいへんです。

 

親の目からみまして、拒食症とまではいっていないと思うのですが、生理があったのが止まってしまいとても心配です。半年以上も止まっているのですが、まだ未成年の娘をあの診察台に上げると思うとなかなか決心がつかず、体脂肪もまず17パーセント以上にならないと、正常な月経のサイクルをたもてないということみたいなので、まずそれが優先順位でそれでもだめなら、婦人科につれていこうと思いました。

 

そこからはなんとかかんとか、必死で説得し、少し生理がくるようになりました。
17パーセントの基準ってすごいですね!本当にそこが境目のようです。
娘もホッとしているようで、がんばって17パーセント以上を維持し生理不順をなおそうとしてくれています。

 

生理不順の方が治す方法として、婦人科で渡されるのがピルです。
ピルは通販でも購入することができるんです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る